FC2ブログ
2014-04-20 20:12 | カテゴリ:バイク
以前取り付けていたアレンネスのスターターカバーとオリジナルステーです。 ↓

スターターカバー17

スターターカバー18

純正のスターターカバーステーは4000円くらいするので、自作で制作したんですが、ステーが振動に耐えきれず折れてカバーごと飛んで行ってしまったわけです。

カバー自体は9000円くらいして、結構お気に入りだったのでショックでした。

昨日のブログの続きで、カスタムショップZIPさんから譲り受けたカバー(フューエルキャップカバー)のワンオフ製作に早速入ります。

今回使用するステーは、3mm厚のアルミLアングルを使用します。 ↓

スターターカバー

まずはバンドソウと糸ノコで切断です。↓

スターターカバー2

スターターボルトの穴をあけ、様子を見ながら当たり面をヤスリで削っていきます。 ↓

スターターカバー3

スターターカバー4

スターターカバー5

当たり面の削りが終わり仮り付け。 ↓

スターターカバー6

今度は、カバー側の段差を削り、ステーが奥まで入るように加工です。

ボール盤とルーターで大変な作業でした。 ↓

スターターカバー7

段差の削りが終わり、はめ込んでステーの長さと固定用のねじ穴の寸法を出します。 ↓

スターターカバー8

寸法が出たら、穴あけにタップと切断作業です。 ↓

スターターカバー9

ここまでくれば完成間近で、カバー自体をバフ掛けしてピカピカにしときます。 ↓

スターターカバー10

スターターカバー11

ピカピカにして仮り付けしたところ、上下しか止まってないので左右に動いてしまうから、ガタツキ防止で当たり面を出してアングルを張り付けました。 ↓

スターターカバー12

さあ。

いよいよ本組に入ります。

まずはステーの本組。 ↓

スターターカバー13

そして、カバーを4mmの皿ねじで取り付けします。 ↓

スターターカバー14

ぐらつきも無く完成です。 ↓

スターターカバー15

まるで、最初っから付いてたかのように違和感なく取り付けできました。 ↓

スターターカバー16

ZIPさんと、最初は底上げして両面テープで張り付けようかと話してたんだけど、ひと手間ふた手間かけて納得いくまでトライしてみたんですがいかがでしょう?

まさか、これがフューエルキャップカバーだとはだれも気付かない位にフィットしてると自負してる俺。

世界に一つだけのスターターカバーの完成でございます。

今度は、飛んでいくことはないでしょう。(たぶん・・・。)

ZIPさん。

どうですか?

うまく付いたと思いません?

拍手期待してますよ・・・。(*^_^*)


ブログランキングに参加しましたので、
1読1クリックどうぞよろしくお願いします。

ありがとうございました。<(_ _)>

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gogo29182.blog.fc2.com/tb.php/270-5a77b699